だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク集
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
Child Growth
from Child Growth
High Arched ..
from High Arched Feet
Heel Spur
from Heel Spur
hallux valgu..
from hallux valgus ..
Bunion Prote..
from Bunion Protect..
Foot Pronation
from Foot Pronation
Human Growth..
from Human Growth H..
Upper Back B..
from Upper Back Bra..
Bunion Pain ..
from Bunion Pain ca..
Heel Spurs
from Heel Spurs
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日曜競馬

クラシック最終戦菊花賞であります。

「菊花賞は強い馬が勝つ」という名言もありますが、近年は「乱菊」と評されるほど

荒れるケースが多々見られるわけですが、

皐月賞・ダービーと一波乱二波乱あった曲者ばかりのこの世代、

3冠目を制すのは3強の1角リーチザクラウンか、皐月賞馬アンライバルドか、

上がり馬イコピコか、それとも更なる伏兵か。

それでは富士Sで死にたくなった私の予想です。

京都11R  菊花賞(GⅠ)
◎ナカヤマフェスタ
○ヤマニンウイスカー
▲シェーンヴァルト
△トライアンフマーチ
△イコピコ
△リーチザクラウン
△スリーロールス

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×600円  合計9000円

本命はナカヤマフェスタ。
前走はハミを取らず3コーナーから手が動く競馬ながらの辛勝。
それでも2着以下を問題にしなかった内容は圧巻。
デビュー時から切れないながらもしぶとい末脚で勝負根性を見せていた。
この辺は長距離になって有利に働くはず。
気性が勝っている馬だがかかるような心配は特にない。
気になる血統は万能ステイゴールドに牝系はリボー。
ノーザンダンサーの5×5×5は推す条件としては心細いが欠点にはならない。
距離的にも血統的にも展開的にも人気的にもここから入るのが無難。

以下相手は血統分析を中心に。

ヤマニンウイスカー。
前回は出遅れレースをほぼ放棄。それでもほとんど追わずに上がり最速。
春はなかなか不運なレースやもったいないレースが続いたが、要注意。
血統はマンハッタンカフェにサドラーズウェルズ。
こちらもノーザンダンサー系がある。調教微妙を考慮し2番手評価だが。

シェーンヴァルト。
皐月賞・ダービー・神戸新聞杯と地味に好走。
前走は前が壁にならなければあわやと思わせる手応えだった。
父は昨年のオウケンブルースリと同様ジャングルポケット。
母父エリシオを凱旋門賞馬でノーザンダンサー系。

トライアンフマーチ。
皐月賞2着馬。ダービー、神戸新聞杯と見せ場なく大敗したが末脚は魅力。
父はスペシャルウィーク、母はキョウエイマーチの良血。
その父はダンシングブレーヴ。母は短距離馬だが血統的には対応可能。

イコピコ、リーチザクラウンは血統的にそれほど推せない。
この辺は明日のパドックや馬体重を見て変更あり。
[PR]

by marim905 | 2009-10-25 03:04 | 競馬
<< 菊花賞 土曜競馬 >>