だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

無題14

昨日のAJCCは直前で切り替えた予想が裏目になる去年とまったく同じ外し方でした。

平安Sは最初に切った馬に勝たれるという惨憺たるものに。

去年の勢いはどこへやらといったところですが、まだまだですな。

まだ獲れそうな200~300倍の配当はないですし、その辺も外しだしたら焦りますが。

今週は東京新聞杯にお馴染みのリザーブカードが出走可能なので狙い目です。

騎手が信頼できませんがまあ、人気と相談して重い印を打つことは決まっています。


さて、生産が無事に終わり、例年とたがわず可もなく不可もない2歳馬が誕生。

相変わらず生産馬の早熟化、距離の短縮化に歯止めはかかりませんが

能力試験を普通早まで含めて50秒後半~51秒前半でまとめてきたのでそれなり。

幸いにも根性と体調が優秀なので(そういう繁殖牝馬を集めてるのですが)

スピード重視の調教を進めていきたいと思います。

一時の牝馬不足も解消されつつあり、どれを入れ替えるか悩む余裕もできました。

とりあえず今年の主戦場は古馬のダート短距離路線ですので

例の3頭を中心に引っ張っていってもらいたいところです。

手始めにフェブラリーSに送り込みますが、景気よく行きたいところです。

3頭とも1度叩いて状態は上向き。ドバイ遠征のためにも見所くらいは欲しいです。

そんなわけでレポート作成がひと段落した人の戯言でした。


最後に1頭、有力2歳に取り上げられた馬を。

d0008591_16403367.jpg


なんじゃこりゃあああああああああああああああああああああ

というわけで極限まで体調を下げてスピードに特化する実験の始まりです。
[PR]

by marim905 | 2010-01-25 16:41 | 激馬
<< 東京新聞杯 日曜競馬 >>