だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

土曜競馬

土曜日にもかかわらずわくわくせざるを得ない重賞が2つ。

日経賞には昨年のダービー以来となるロジユニヴァースが。

毎日杯は良血馬揃いの中、特に目を引く野地菊S以来のリルダヴァルが。

2レースともそれほど荒れるとも思えないのですが、どのようなレースになるのかは

非常に楽しみな一戦となりそうです。

馬体重の増減が激しくなっていますが果たして。

それでは予想です。

中山11R  日経賞(GⅡ)
◎ナムラクレセント
○ロジユニヴァース
▲マイネルキッツ
△エアシェイディ
△トーセンクラウン
△ネヴァブション
△ダイワワイルドボア

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

本命はナムラクレセント。
菊花賞3着、阪神大賞典3着と血統の割に長距離実績あり。
馬場がいいときの切れ味勝負では分が悪い。
今回初の中山で馬場も若干重いが、条件は向くだろう。輸送が若干心配。
-14kgも輸送減りなのか、調教を積んだ結果なのか判断しにくいが、範疇だろう。


阪神10R  毎日杯(GⅢ)
◎ダノンシャンティ
○ミッキードリーム
▲ルーラーシップ
△ザタイキ
△リルダヴァル
△ドレスアフェアー

3連複:◎-○▲△△△  計10点×500円  合計5000円

本命はダノンシャンティ。
ラジオNIKKEI杯でヴィクトワールピサと0.2差。
共同通信杯ではアリゼオに先着と世代上位と互角の勝負をしてきた。
他の有力馬に比べ、この辺りの経験は豊富である。
ルーラーシップ、リルダヴァルも素質、能力上位であることは間違いないが、
久々、経験、完成度辺りを考慮したい。

角居がクラシックに間に合わせようとして間隔詰めて使うとろくなことがない
というイメージが私にはあるんだけど今回はどうなんだろうか。
[PR]

by marim905 | 2010-03-27 15:29 | 競馬
<< 高松宮記念&マーチステークス ダービー馬 >>