だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日曜競馬

いよいよ秋のGⅠ戦線が始まるというわけで非常に楽しみなのですが

典がGⅠの舞台で見られないというのはちょっと寂しいと思ったり。

そんなわけでスプリンターズSですが、高松宮記念で上位だった組と

夏に台頭してきた組、そして海外から参戦してくる組といった感じの構図。

人気もそんな感じですが果たしてどうなるでしょうか。

それでは予想です。

中山11R  スプリンターズステークス(GⅠ)
◎グリーンバーディー
○ビービーガルダン
▲サンカルロ
△キンシャサノキセキ
△ローレルゲレイロ
△ダッシャーゴーゴー
△ウルトラファンタジー

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×600円  合計9000円

本命はグリーンバーディー。
前走は内枠で厳しいながらも直線馬群を縫うようにして捌き僅差の2着。
前哨戦で59kgを背負い、慣れない条件での好走は能力を示したと言える。
(前哨戦とはいえ陣営からすればGⅠ級の賞金だっただけに本気だったかも)
叩いた上積みも見込めるし、調教内容も良化、枠も陣営の望み通りと死角はないか。
これだけ条件が揃うと逆に怪しいが、この路線の層が厚い香港での実績は信頼できる。

相手は春好走した組、実績馬、前哨戦好走組とする。

ワンカラットは個人的に中山適性が疑問なのと揉まれたときの不安がある。
それで実績馬を上回る人気なのは過剰だと思う。
もちろんスプリントの適性は高いし、ここ2走の内容は圧巻。
だが、サマースプリントとGⅠはあくまで別物と考えたい。
忘れられてそうだが、出遅れ癖があるのはこの条件では不安すぎる。
来たらあきらめる程度で軽視する。

いつぞやの安田記念みたいに香港馬→前年覇者→香港馬で決まらないかな。
[PR]

by marim905 | 2010-10-03 13:10 | 競馬
<< 秋のGⅠ戦線が スプリンターズステークス >>