だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク集
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
Child Growth
from Child Growth
High Arched ..
from High Arched Feet
Heel Spur
from Heel Spur
hallux valgu..
from hallux valgus ..
Bunion Prote..
from Bunion Protect..
Foot Pronation
from Foot Pronation
Human Growth..
from Human Growth H..
Upper Back B..
from Upper Back Bra..
Bunion Pain ..
from Bunion Pain ca..
Heel Spurs
from Heel Spurs
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日曜競馬

今年もダービー馬が不在の菊花賞になってしまいました。

そして皐月賞馬もいません。そんなわけで前哨戦でダービー馬を破った

ローズキングダムが一本被りの人気になっていますが、

一番強い馬が勝つ菊花賞、人気に応えるのか、波乱が起こるのか見ものですね。

3000mという3歳馬にとっては未知の距離でどんなレースになるのか楽しみです。

そんなわけで予想です。

京都11R  菊花賞(GⅠ)
◎ヒルノダムール
○レーヴドリアン
▲シルクオールディー
△ローズキングダム
△トウカイメロディ
△ビッグウィーク
△ネオヴァンドーム

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×600円  合計9000円

本命はヒルノダムール。
札幌記念では出負けで後方追走を強いられ、スローの流れにハマってしまい4着。
それ以来の競馬になるが、早めから追い切られ出来はいい。
皐月賞、ダービーと輸送で細く見えた部分もあったが皐月賞では好走している。
今回は輸送なしで得意の京都。マンハッタンカフェ産駒の距離適性は未だに
掴めない部分ではあるが、母父ラムタラでマイナス材料にはならないだろう。
瞬発力勝負には向かないタイプの馬だが、菊花賞というレースの性質上
スローでも3コーナーからペースが上がり、底力勝負になりやすい。
だからこそ、この血統で?というタイプの好走はめったにないわけで。
そうなれば問題ない。有利な内枠を利して競馬ができれば。

相手は第一に距離不安がない馬、次に京都適性が高い馬。

ローズキングダムは距離的に買いづらいな。豊も近年の菊花賞の騎乗を見ると
折り合い専念、後方待機大外ぶん回し、なんとか掲示板確保が多いし。
この馬の流れになったらそれでも勝てるんだろうけど。
タイプは違うけどドリームジャーニーやハーツクライのような負け方しそう。

母父見ただけで半分くらい切っちゃったんだけど大丈夫かな。
[PR]

by marim905 | 2010-10-24 15:16 | 競馬
<< スワンステークス 2010クラシック最終章 >>