だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

日曜競馬

東京新聞杯ときさらぎ賞が同じ日というのは違和感がありますが

例年メンバーが揃う東京新聞杯は日曜日にあってしかるべきかもしれません。

今年もそれに違わず骨のあるメンバー。京都はここが試金石の馬が多い感じ。

データ重視から状態重視に予想の軸を変えてきましたが、

そろそろ調教で状態を把握できるように頑張りたいと思います。

調教で拾うことはあっても、調教で切ってはいけないと思ってますが。

それでは早速予想です。

東京11R  東京新聞杯
◎ダノンヨーヨー
○ゴールスキー
▲ネオヴァンドーム
△カウアイレーン
△フラガラッハ
△リクエストソング
△キングストリート

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

本命はダノンヨーヨー。
前走は出負け、直線前カットとちぐはぐな競馬ながら2着。
休養明けも状態上向き、仕上がりに抜かりはない。
さすがにメイチの仕上げではないが、安定感を買いたい。

調教はゴールスキーが最高だったが、輸送に若干の不安。


京都11R  きさらぎ賞
◎ウインバリアシオン
○オルフェーヴル
▲メイショウナルト
△ギリギリヒーロー
△コティリオン
△トーセンラー
△タナトス

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

本命はウインバリアシオン。
前走は休み明け。外を回されるのを嫌い、意図的に前に出した結果掛かりっぱなし。
1800mは2戦2勝。距離短縮は好材料と取りたい。位置取りは問わないだろう。
京都は外が伸びる馬場になっているが、それを意識してかスローの展開が目立ち、
案外前をとらえきれないレースが目につく。
調教としてはオルフェーヴルの方がよく映ったが、
スタートの巧さ、自在性を意識してこちらを本命視。
[PR]

by marim905 | 2011-02-06 15:22 | 競馬
<< クイーンカップ 昨日は >>