だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク集
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
Child Growth
from Child Growth
High Arched ..
from High Arched Feet
Heel Spur
from Heel Spur
hallux valgu..
from hallux valgus ..
Bunion Prote..
from Bunion Protect..
Foot Pronation
from Foot Pronation
Human Growth..
from Human Growth H..
Upper Back B..
from Upper Back Bra..
Bunion Pain ..
from Bunion Pain ca..
Heel Spurs
from Heel Spurs
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日曜競馬

層が厚かったダート路線でしたが、相次ぐ引退と回避によってメンバーは薄め。

ジャパンカップダートを制したトランセンドが中心も

昨秋以降力をつけてきた馬も多く、またフリオーソも参戦ということで

GⅠらしくなりながらも、波乱要素も十二分にあります。

昨年はGⅠで回収率を大きく下げてしまったので、今年は幸先良く行きたいです。

そんなわけで予想です。

東京11R  フェブラリーステークス(GⅠ)
◎バーディバーディ
○マチカネニホンバレ
▲セイクリムズン
△トランセンド
△ダノンカモン
△ダイシンオレンジ
△フリオーソ

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×600円  合計9000円

本命はバーディバーディ。
昨秋休み明けからマイルチャンピオンシップ南部杯、武蔵野Sと精彩を欠いたが
ジャパンカップダートではトランセンドに真っ向勝負を挑み敗れたものの0.2秒差。
斤量差はなくなったが、あれから2ヶ月半。かなり激しい調教を積んだにもかかわらず
輸送を含めてプラス体重。成長分で逆転可能と見る。

対抗はマチカネニホンバレ。
今回叩き3走目。前2走は明らかに太め残りの仕上げで前走は揉まれ弱さを露呈。
乗りこみ入念で今回は絞れたと見てよさそうだ。
枠は有利な外枠を引き当て、揉まれず運べるのはこの馬には最高の条件。
府中のマイルは安定した成績を残し、持ち時計もメンバー随一。
それだけで戦えるメンバーではないが、ハマれば十分戦える。
[PR]

by marim905 | 2011-02-20 15:18 | 競馬
<< アーリントンカップ フェブラリーステークス >>