だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク集
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
Child Growth
from Child Growth
High Arched ..
from High Arched Feet
Heel Spur
from Heel Spur
hallux valgu..
from hallux valgus ..
Bunion Prote..
from Bunion Protect..
Foot Pronation
from Foot Pronation
Human Growth..
from Human Growth H..
Upper Back B..
from Upper Back Bra..
Bunion Pain ..
from Bunion Pain ca..
Heel Spurs
from Heel Spurs
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日曜競馬

いよいよクラシック最終戦菊花賞ですが、

今年はオルフェーヴルが3冠を賭けて淀の3000mに挑みます。

近年は乱菊と評されるように荒れ、前哨戦を制した馬も苦戦しています。

断然の1番人気に押されましたが、外枠をうまく捌けるか注目です。

どの馬も未経験の距離だけに鞍上の手綱捌きが鍵を握るでしょう。

そんなわけで予想です。

京都11R  菊花賞(GⅠ)
◎ダノンミル
○ダノンマックイン
▲オルフェーヴル
△ウインバリアシオン
△トーセンラー
△ベルシャザール
△フェイトフルウォー

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×600円  合計9000円

本命はダノンミル。
皐月賞の前は若葉Sの厳しい競馬と好タイムが評価され、人気に押された馬。
これまでの戦績を見る通り、上がり勝負には滅法弱く、しぶとさが窺える。
今回は距離も伸びて、展開も縦長になりそう。
ハイペースまでは期待できないがロングスパートになる公算は高い。
となれば当馬のばてずに伸びる強さが生きるはず。
[PR]

by marim905 | 2011-10-23 15:38 | 競馬
<< スワンステークス 7頭目の三冠へ >>