だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

日曜競馬

阪神11R  フィリーズレビュー(GⅡ)
◎ラシンティランテ
○エイシンキンチェム
▲アイムユアーズ
△イチオクノホシ
△ビウィッチアス
△プレノタート
△コスモルーシー

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

阪神JFを始め、年明けのフェアリーS、クイーンCと軒並み1000m通過が
60秒を超えるスローペースで流れた。特にクイーンカップは62.9秒掛かっている。
そうした馬たちが先行馬が揃った1400mの舞台に対応できるのかがポイント。
例年桜花賞との結び付きが希薄で、スプリンター向きのレースになりやすいので
折り合い面で難がある馬や展開に泣いて脚を余していた馬が絡みやすい。

本命はラシンティランテ。
ここ2戦はスローの展開で折り合いを欠き、レースにならなかった。
白菊賞で見せているようにポテンシャルは高く、時計勝負にも十分対応できる。
スローではなく、平均ラップ以上のラップで刻まれれば勝機はある。
馬場は内外あまり関係なさそうだし、前に壁さえ作れればむしろ良いはず。

前傾ラップに対応できるかつ動きのいい馬が相手。


中山11R  中山牝馬ステークス(GⅢ)
◎コスモネモシン
○アプリコットフィズ
▲ホエールキャプチャ
△レディアルバローザ
△ダンスファンタジア
△カルマート
△マイネイサベル

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

本命はコスモネモシン。
近走は勝ち鞍こそないが、牝馬限定戦に限ればかなりの安定感。
前走も不向きな瞬発力勝負で中間緩めたにもかかわらず、大きくは負けていない。
重賞勝ちを収めた舞台で、条件は絶好。馬場を考慮して先行したいところ。
マイルで先行できたようにここでも自在性を生かしたい。
鞍上が下手に乗りさえしなければ。
[PR]

by marim905 | 2012-03-11 14:06 | 競馬
<< フラワーカップ&ファルコンステークス これまた難解 >>