だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

そんなわけで

案の定帰ってきてから寝てしまいました(ぁ)

起きてからはバシバシ勉強しておりますw

今日の結果をお知らせしておきますが、3教科とも良からず悪からずというところでしょうかw

あ、英語は絶好の手応えということで、2教科が良から(ry)

終わった教科に一喜一憂している暇はありませんw

なんせ、山場と思っていた今日以上に明日が山場なんですから(汗)

なぜ気づかなかったかといえば・・・

金曜に月曜の教科しか確認しなかったから_| ̄|○

今日見てみたら、1教科を除いて想定外w

今日は徹夜も視野だな(汗)


さて、想定外といえば、ホリエモン騒動ですが、ライブドア上場廃止になりましたねー(強引)

これであの株券がただの紙切れに大変身ヽ( ´▽`)ノ

株主の皆様、ご愁傷様です(ぇ)

それにしてもどうでしょう?「被害者の会」ってw

いや、確かに被害者かもしれませんが、被ってそんなもんなんじゃないんでしょうかw

「ライブドアが出した(決算などの)虚偽情報で、
多額の負債をみんな抱えている。株式投資は自己責任という意見もあるが、
まずはわたしたちが被害者であることを社会に訴えていきたい」


とか言ってるようですが、私の意見としてはまさに「株式投資は自己責任」でしょうw

儲けりゃウハウハ、負債を抱えりゃ訴えるってw

まあ、あれだけあのグループが一気に成長したんだからちょっと暗い疑いを持ってもねえ。

株のことには詳しくないので知らないフリっと(逃)


「フリ」といえば、「振り」 「振り」といえば、「バット」 

「バット」といえば、「野球」 「野球」といえば、「WBC」

そういや、今日の早朝にWBCの2次リーグ、日本対アメリカがありましたね!(無茶)

結果はサヨナラ負けと(あーあ)

しかし、ただ負けたでもないようですね。なんだか誤審があったとかないとか。

実際に映像見ましたが、あれはちゃんとしたタッチアップでしょう。

本場のアメリカの審判があれじゃ、この先思いやられる(汗)

塁審がすぐに判断したならまだ多少納得はいくでしょうが、

塁審が問題ないと判断したのに、そのあとアメリカの監督が出てきて球審に講義。

それで判定変えられちゃたまったもんじゃありませんよw

まあでも、サヨナラの場面は2死満塁だったわけで、あの当たりだったら2点は入っていたから

実際にはわかりませんが。勝ってると同点とでは投手の使い方も変わってくるし。


そんなわけで私の勝手な憶測ですが、アメリカの監督と球審との会話を再現してみましょうw

ア:アメリカの監督  球:球審

ア「あれは離塁早かったんじゃない?」
球:「いや、あれは問題ないです。」
ア:「どうしても、かい?」
球:「はい、問題ないです。」
ア:「こっちとしては負けるわけにはいかない。じゃあ、これ(金)で手を打たないかい?」
球:「いくらでですか?」
ア:「(具体的な金額)でどうだい?」
球:「わかりました。」


アウトー!(ぇぇぇ)

球審がどこの国の人かによってはまた変わってきます(どうでもいい)

アメリカ人だったらもっと具体的な話に入ると思います(どうでも(ry))

※上のストーリーは全てフィクションです(当たり前)

でも、ひょっとしたら・・・(ない)


でもまあ、こんな誤審が出るようじゃ、ダメですね。

せっかく初めての野球の世界大会が開催されるというのに、

あんな不祥事がしかもアメリカで、起こるなんて信じられないw

元々、野球はオリンピックの競技から除外されるような競技ですから、

それほど広い範囲で行われているわけではないですし、

世界大会をやる意味というのも大してなさそうな気がするw

ただ、日本がアメリカと好勝負できたとすれば、その投手ないし野手は

「俺、メジャー級の選手ばかりがいるアメリカ(を抑えられた)(からヒット打てた)」とか思って

日本球界から飛び出していってしまう選手が増えるんじゃないかと思うんですがw

私としては、応援の気持ちはありますが、

負けてもいいから、プロ野球開幕までに戻ってきて欲しい気もする(ぇ)


と、皮肉ったところで戻りますw

それにしても25分程度でこれだけ内容の濃いものを書ける私って凄い?(自惚れ)

こんなに打ったら「頸肩腕傷害」になりそうだぜ(ノ゚∀゚)ノ ┫┻ ┣ ┳
[PR]

by marim905 | 2006-03-13 23:57 | フツーの日記
<< そんなわけで いやー >>