だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日曜競馬

いよいよ、牝馬クラシック第2弾、優駿牝馬ことオークスですよ!

その名をと言ったりもしますね。

毎年荒れることで有名ですが、今年のような大混戦の場合はどうなるんでしょうねw

私としては穴党なだけに、荒れることしか考えられないわけですw

かといっても闇雲に穴狙いに走っては意味がないのでいつものデータ競馬で対抗ですよ!

というわけで傾向からおさらいです。

オークスの傾向
・基本荒れるレース、堅い決着は少ない
・3コーナーからペースが上がり、差し馬有利
・桜花賞組が優勢
・桜花賞馬は1番人気以外なら期待大
・重賞実績があり、桜花賞で負けた馬が穴
・前走スイートピー組、500万以下組は無条件切り
・小柄の馬の激走が目立つ



馬券構築

・桜花賞馬は1番人気以外なら期待大
過去10年、桜花賞馬が1番人気(0・0・2・2)、2番人気以下(1・2・1・0)となる。
桜花賞馬キストゥヘヴンは前日オッズ5.5倍の2番人気であるので、後者となる。

・重賞実績があり、桜花賞で負けた馬が穴
アドマイヤキッス、コイウタ、シェルズレイ、フサイチパンドラ、ユメノオーラが浮上。

・前走スイートピー組、500万以下組は無条件切り
ヤマニンファビュルはもちろん、カワカミプリンセス、ブルーメンブラッドも切り。

・小柄の馬の激走が目立つ
→480kg以上の馬はほとんど来ない
フサイチパンドラ、カワカミプリンセス、アサヒライジング、テイエムプリキュアを切る。


そんなわけで予想です。

東京11R  優駿牝馬(オークス)
◎アドマイヤキッス
○キストゥヘヴン
▲ニシノフジムスメ
△ヤマトマリオン
×コイウタ
☆シェルズレイ

3連単:◎○▲△→◎○▲△×☆→◎○▲△×☆ 計80点×100円  合計8000円

本命はアドマイヤキッス。前走は切れ味の差で勝ち馬に4分の3馬身差で敗れたが、
条件が変わり府中の2400m。折り合いに難がない馬だけに信頼できる。
対抗はキストゥヘヴン。前走は切れ味を生かして、人気どころを一蹴。マイルがよさそうなだけに、距離が伸びるのは不安材料。一瞬の切れ味を生かす馬だけに、東京に変わるのも微妙。
単穴はニシノフジムスメ。桜花賞には出られなかったが、前走2000mで快勝。
忘れな草賞組の相性は悪くなく、この人気なら狙いたい。ただ、前走勝ってはいるが、
超スローを内ラチ沿いに進め、最後内が開くという楽な内容だっただけに不安点も。
抑えはヤマトマリオン。フローラSでは大混戦になりながらも、最後はオペラハウス産駒らしい
しぶとさで1馬身差の勝利。距離が伸びたほうがいいのは間違いないが、馬場はどうか。
忘れな草賞では敗れたが不利があったように見え、勝ち馬と差のない競馬が可能なはずだ。
コイウタは東京のクイーンCを勝っているのが強み。だが、フジキセキ産駒は芝GⅠ未勝利で、この馬自身も、マイラーといってもいいだろう。鞍上を考え2着まで抑える。
シェルズレイは、最後までブロンコーネと迷った。この馬もこれまでずっとマイルを使われて、
マイル向きだろうが、ズブい末脚が東京で逆にいい方向に向かえばチャンスはある。


中京11R  東海ステークス
◎ヴァーミリアン
○マイネルボウノット
▲ヒシアトラス
△ハードクリスタル
△パーソナルラッシュ
△スーパーチャンス

3連複:◎-○▲△△△  計10点

中京はおまけー。新潟は静観ー。


結果:大敗_| ̄|○

1,2,3着馬全て買えなかったw
辛うじて東海ステークスの馬単を裏で獲ったのが唯一の救いというw

1着カワカミプリンセス。4戦4勝で無敗のオークス制覇!
スイートピー組から初の入着が初勝利となった。
脚質自在に加え、距離も割とごまかしが利くだけに、秋の牝馬戦線についても
この馬を中心に回っていくことは間違いない。

2着フサイチパンドラ。今日は馬体を10kg戻してきて、
前走と打って変わって好走。調教も良く動いていたので怖いとは思ったがw
前々からオークス向きと言われてただけに買うべきだったか。
まともに走ってくれればこの先負けないんだろうけどね(汗)

3着はアサヒライジング。ヤマニンファビュルが大逃げしたこともあって、
実質単騎逃げになった。ただ、それでもオークスにしては速くなって、最後一杯になった。
やはりこの馬は単騎でいければ相当しぶとい。
来週よしとみ騎乗のアドマイヤメインも今回のような騎乗なら恐ろしい。

ニシノフジムスメは出遅れ、アドマイヤキッス、キストゥヘヴンは距離が長い印象があった。
コイウタは3コーナー付近で競争中止。跛行のようで、馬は無事のようで何よりだ。

今日の敗因はなんと言ってもデータにおんぶにだっこだった点に尽きる。

1着は別にしても2,3着は桜花賞で敗れている実績馬であっただけに買えたはず。

あとは距離適正を軽んじた点だろう。

来週はダービー。桜花賞→オークス(1600m→2400m)ほど距離の変化がない

牡馬クラシック戦線なだけに、皐月賞組が好走する傾向にある。

これに加え、青葉賞組、京都新聞杯組を加えたのが予想になりそう。

データはそこそこにして、相手関係を重視した予想を考えようっとw
[PR]

by marim905 | 2006-05-21 03:44 | 競馬
<< 今日は Oaks >>