だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク集
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
Child Growth
from Child Growth
High Arched ..
from High Arched Feet
Heel Spur
from Heel Spur
hallux valgu..
from hallux valgus ..
Bunion Prote..
from Bunion Protect..
Foot Pronation
from Foot Pronation
Human Growth..
from Human Growth H..
Upper Back B..
from Upper Back Bra..
Bunion Pain ..
from Bunion Pain ca..
Heel Spurs
from Heel Spurs
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2日目

小学生の頃安芸の宮島を「秋の宮島」と思っていたマリームです。

あるあると思った方、今度是非一杯やりましょう。

ねーよと思った方、今度是非お酌させてください(ぇ)

という小ネタを入れたところで広島2日目の観光を時間とともに振り返ります。

9:30 起床。約束の時間が10時だったことに気づくが、慌てず騒がず。

9:50 友達からの電話。今歩いていると伝えるが実はまだホテル。

10:00 広島駅の到着。友達と再会。一路宮島へ。

10:30 宮島口駅に到着。駅前のフェリー乗り場から宮島へ。

11:00 宮島に到着。実はフェリーで事件が。

フェリーの前方に位置取った私はデジカメを取り出し、大鳥居を撮影しようとするが

私「・・・な、ない!」

そう、デジカメを忘れたのです、家にではなくホテルに(ぁ)

ブログのネタになるなと思ったのは内緒

友達のこの衝撃の事実を告げたところ、鼻で笑われてしまいかわいそうな私。

結局携帯のカメラで代用し、宮島に上陸。

本当に平日か?と思うほどの観光客の数。海外の方も多かったですね。

神社へ向かうと、ちょうど干潮時だったため、大鳥居の下まで行けるので行くことに。

実際行ってみると、で、でかい。

大鳥居まで向かう途中にあったのがこの看板↓

d0008591_2294561.jpg


思わず沖縄で撮影した「ハブに注意」の看板を思い出しましたよw

ちなみに看板の棒についている物はそこまで海水がくることを示しているようです。

なので、満潮時には約2mほど海面が上昇することがわかります。

後ろで切れているのが大鳥居ですが、その下にいる人が実際には大鳥居から

数m離れていることを考えると相当大きいことがおわかりになるでしょう。

まあ、大鳥居の大きさがわかりやすいようにちゃんと

写っている写真を載せればいいんですけど、載せませんヽ( ´▽`)ノ

その後、厳島神社へ向かうと、圧倒的な存在感でお出迎え。

干潮時だったので、海に浮かぶような厳島神社を拝むことはできませんでしたが、

それでも十分すぎるくらいの景観。

そりゃ、台風や高潮から必死になって守るわけだ、と思わせるほど。

ここでも相当数の写真を撮りましたがやはり載せませんヽ( ´▽`)ノ

本殿から見た大鳥居は、名状しがたい美しさでした。

皆さん一生に一度は行っておいて損はないと思いますよ。

先に進むとおみくじを発見。普段この手のものにまったく興味を示さない私ですが、

せっかくなので試してみることに。

d0008591_2294515.jpg


す、末吉かよ!w

生きてきた20年を振り返ると中吉か末吉だろうなと思ってましたが、当たるとは。

末吉なのに詳細を読むといいことしか書いていないのはなぜなのでしょうか?

まさか、文字では表せないような悪いことが待っているのでしょうか?

そう思い、将来を悲観して落胆していたところ

勝負事 勝つべし

そんなこと書かれなくてもわかって(ry

今後はこの言葉を胸に競馬に精進したいと思います(ぇ)

そうして厳島神社を後にした私たちは宮島水族館という胡散臭そうなところに。

私の不安は的中し、近づくにつれて明らかに観光客が減る。

入館料をしぶしぶ払い中へ。

感想:まあまあ

美ら海水族館に行った私としては「見た見た」と思うものばかり。

まあ、随分離れたところにある割りにはよかったかと。

嫌々ながらなぜ行ったかというと、私ももう大人です。そう、付き合いです。

そんなこんなでなんちゃって水族館を後にして、フェリー乗り場へ

13:05 宮島口駅に到着。広島に戻ることに。

13:50 広島駅に到着。駅ビルで広島風お好み焼きを食す。

私が注文したのはオーソドックスなものでしたが、結構なボリューム。

あ、もちろん一般人にとってはということです。私は2枚(ry

それでも友達より早く食べ終わってしまい、結果的に友達を急かす格好に(ぁ)

お腹が満たされた我々は広島市民球場方面へ。

14:30 路面電車で移動。

14:40 到着。徒歩でカープの記念ミュージアムのようなところへ。

あまり乗り気でなかったように見えたかもしれませんが、

行く先を告げずとっとと歩いて行ってしまうのはどうでしょうかw

黙って三歩後ろを歩かされるなんて亭主関白の夫とその妻じゃないんだから勘弁w

と、心の中でつぶやきながらも、歴代の名選手やその選手のグッズが拝めたので

そこそこ楽しめました。

15:35 いよいよ広島市民球場へ向かう

16:00 到着。平日とは思えぬ人の数。恐るべきセリーグ、恐るべき巨人。

友達の知り合いの知り合い(遠)が席を取っておいてくれるそうなので、慌てず騒がず。

慌てず騒がず友達は売り場へカープグッズを買いに。私は川へ洗濯に。

17:00 友達が戻ってくる。私、顔に出さずも不機嫌。時間があるので原爆ドームへ。

17:05 球場の目の前なのですぐに到着。

平和記念公園の一角の檻に囲われた原爆ドーム。ここだけ時間が止まっていました。

正確には檻の中にも大樹が生えておりそこは時間が動いていましたが。

それでも周りには広島市民球場やビル群、路面電車、国道が並び、

時間の流れを感じずにはいられませんでした。

原爆ドームを一周しながら写真を撮りましたが、残念ながら背景知識が軽薄なので、

原爆ドームが伝える歴史とレンズ越しに私が見た歴史とは大きな相違があるでしょう。

この時ほど歴史(特に日本史)が苦手で学ばなかったことを後悔したことはないですね。

そうやって感傷に浸っている間に試合の時間が迫ったため球場に。

まさかの満員に、ファンでもないのにまさかの外野自由席。

そりゃ、内野指定席を頼まなかった私が悪いんでしょうけど、

カープファンで一杯のライトスタンドにそうでない私を入れるとはまさに四面楚歌。

肩身が狭かったですw

早く終わってくれと祈った試合は巨人が勝利を収め、助かりました。

広島が勝ったら試合後もなかなか帰れないもんねw

そんなわけで試合後タクシーを捕まえてホテルへ到着しました。

その後、帰りの準備をするために、今日携帯したかばんを整理してたところ

私「あ、デジカメ入ってたじゃん・・・」

悶絶する私、撮影数0のデジカメ、私っていつもこうです。

こうなると私の人生末吉以外はありえないと思えてきますw

おみくじに何か暗示があったかもしれませんが、結んできちゃったのでわかりませんね。

これでデジカメの件の暗示があれば、最高のオチになったんですけどw

そんなわけで広島2日目をだらだらと振り返りました。

明日は千葉に帰りますが、何か書くことがあればまた帰ってから書きたいと思います。

それでは今日はこの辺で。
[PR]

by marim905 | 2008-09-25 00:51 | フツーの日記
<< 3日目 1日目 >>