だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

日曜競馬

今週は秋のGⅠ戦線もも小休止ということで

東西で今後の大舞台を目指す2つのレースが開催されます。

と銘打ったのはいいものの、裏を返せば重賞を勝ちあぐねた古馬たちのハンデ戦と

キャリアが浅く力差を計りきれない2歳戦といかにも難しい2レースw

前者に関しては例年と雰囲気が違って上がり馬が多いですけどどうなりますか。

東京11R アルゼンチン共和国杯
◎アルナスライン
○スクリーンヒーロー
▲ダンスアジョイ
△メイショウカチドキ
△ジャガーメイル
△キングアーサー
△トウショウシロッコ

3連複:◎-○▲△△△△ 計15点×300円 合計4500円

本命はアルナスライン。
前走は勝負どころで蓋をされて完全に消化不良のレース。
大型馬だけに東京コースの方がレースもしやすく、JCを目指すためにも負けられない。
前走京都中距離戦を使った馬が現在7連勝中というのも同馬を後押しする。
対抗はスクリーンヒーロー。
前走はジャガーメイルの強襲に屈したが、好位から抜け出し勝ちに等しい内容。
スローとみられる今回も好位で競馬を進められるのは有利。
重賞で好走歴もありながら53kgで出走できるのもプラス。
単穴はダンスアジョイ。
毎回確実に追い込んでくるものの勝ちきれない同馬。
昨年このレース僅差の4着で、今回は昨年よりも斤量が1kg減。
距離、コース共にベスト条件。上手く捌ければ。
以下切れ味魅力の4頭を抑える。


京都11R ファンタジーステークス
◎ナムラミーティア
○プレザントブリーズ
▲ワイドサファイア
△ツルマルハロー
△コウエイハート
△ルシュクル
△ワンカラット

3連複:◎-○▲△△△△ 計15点×300円 合計4500円

本命はナムラミーティア。
前走は抜け出すも差され2着。1勝の人気各馬に比べ実績断然で妙味あり。
本来はスプリント戦がベストであるが、高速馬場の京都の1400mなら許容範囲。
前走から絞れたのもプラスに働く。
対抗はプレザントブリーズ。
りんどう賞組は時計的な面で軒並み低評価だが、例年このレースとの相性は良。
調教も不満だがもともと動かない馬だけに気にする必要はない。
揉まれず外を回れれば前走と違う外回りで末脚が爆発するか。
単穴はワイドサファイア。
新馬戦が評価され、圧倒的1番人気に。シーザリオ級と言わしめるその能力はいかに。
キャリア1戦で素軽さを感じられない走りに加え、
新馬戦の舞台阪神1600mから今回の京都1400mへ変わることもマイナス要素。
ここをあっさり勝ちあがるようならGⅠへ視界は広がる。
以下ツルマルハローとオープン好走歴のある3頭を抑える。
[PR]

by marim905 | 2008-11-09 14:56 | 競馬
<< 重賞レース回顧 シーザリオ級? >>