だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク集
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
Child Growth
from Child Growth
High Arched ..
from High Arched Feet
Heel Spur
from Heel Spur
hallux valgu..
from hallux valgus ..
Bunion Prote..
from Bunion Protect..
Foot Pronation
from Foot Pronation
Human Growth..
from Human Growth H..
Upper Back B..
from Upper Back Bra..
Bunion Pain ..
from Bunion Pain ca..
Heel Spurs
from Heel Spurs
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

重賞レース回顧

というわけで今週の重賞を振り返っていきます。

土曜
東京11R 武蔵野ステークス
1着: △ キクノサリーレ
2着: ◎ サンライズバッカス
3着: ▲ ユビキタス
4着:    カルナバリート
5着: △ トーセンブライト

結果:3870円(元割れ)

勝ったキクノサリーレはユビキタスを見ながらの競馬。直線追い出すとユビキタスを
あっさりとらえて、外から来たサンライズバッカスを悠々振り切って快勝。
500万からの4連勝で重賞制覇となった。
アロンダイトと被るが、時計は日曜の1000万クラスとほぼ同じで平凡そのもの。
2着のサンライズバッカスは例の如く後方待機。
長い直線で勢いよく追い込むが、宿命で展開の利を逆転するまでには至らず。
それでも上位陣を先行勢が占める中ここまで来たのは斤量を考えると立派。
案外だったのが3着のユビキタス。直線を迎えたときの手応えも余裕そのもので
楽勝かと思えたが、仕掛けてから伸びず。
同じ3歳のキクノサリーレに負けたのはいただけない。叩きが足りないのか。

予想の方は展開も大方当たりでしたが、元割れじゃ話になりませんね。
結果的には馬単にすればよかったんでしょうが、それは結果論というもの。
アドマイヤスバル先行しろよな。


日曜
東京11R アルゼンチン共和国杯
1着: ○ スクリーンヒーロー
2着: △ ジャガーメイル
3着: ◎ アルナスライン
4着:    テイエムプリキュア
5着: ▲ ダンスアジョイ

結果:4440円(元割れ)

スクリーンヒーローは斤量から展開からすべて味方にして快勝。
縦長で淡々としたレースの中、前につけて上がり33秒台を使うのだから負けようがない。
スパッと切れないがいい脚を長く使える展開になったのも同馬を味方した。
ジャガーメイルはアルナスラインをマークして直線入り口で捕まえにかかるという
絵に描いたような競馬。アルナスラインは抑えたものの前走破ったスクリーンヒーローに
届かなかったのは斤量差が広がったことと距離展開か。
アルナスラインはいつもより前につけて勝ちに出ていたが、
直線はジャガーメイルに捕まり、懸命に差し返すも追い比べに敗れ3着。
重賞未勝利馬に58kgはやはり見込まれすぎたか。
このレースでトップハンデは相変わらず相性が悪い。

展開はスローの団子と踏んでいた予想に反し縦長。
これでは後方待機のダンスアジョイ、トウショウシロッコには厳しい。
案の定直線向いて圏内だったのは上位3頭だけでしたね。
馬券はしょうがないとしかw


京都11R ファンタジーステークス
1着:    イナズマアマリリス
2着: △ ワンカラット
3着:    アディアフォーン
4着: ▲ ワイドサファイア
5着: △ ルシュクル

勝ったイナズマアマリリスは好スタートを決め好位でうまく折り合っていた。
直線を向いて追い出し、外アディアフォーン、内ワンカラットと併せる形に。
結局この2頭に1度も交わされることなく、凌ぎ切っての勝利。根性あるね。
2着のワンカラットは道中中団の内を追走。直線最内から追い込むも
最後はイナズマアマリリスを脚色が同じになってしまい、差し切るまでには至らず。
さすが牡馬に混じって走っていただけにここでは力を見せた。
アディアフォーンは勝ち馬に並びかけながらしぶとく伸びていたが最後は一杯。
勝ち上がりにまで3戦を要したのはこのジリ脚のせいかもしれない。
ワイドサファイアは出負けに加え、押し上げた後に口を割ってしまっていて、
完全にスムーズさを欠いていた。最後は追い詰めていたもののシーザリオ級とは
お世辞にも言えないレースぶりだった。重賞は取れそうだけど。
それ以上にスムーズさを欠いていたのはルシュクルだった。
向こう正面で外目に出そうとしていたところメイクデュースにカットされかかってしまい、
直線では伸びかかっていたところをセブンシークィーンにカットされ完全に消化不良。
それでも唯一外から伸びて追い込んできたのは優秀。すずらん賞組最強説。

予想の方はさっぱり。内枠有利って傾向は把握していたけどここまで顕著とは。
2歳戦での能力比較はやはり難しい。来週も2歳重賞あるのか、憂鬱でしかない。
[PR]

by marim905 | 2008-11-09 20:29 | 競馬
<< いやー 日曜競馬 >>