だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

月曜競馬

毎年微妙なメンツが集まり、人気が割れやすく、しかも荒れ馬場という予想する側に

とっては非常に酷な条件ですが、傾向を踏まえつつ予想にまいります。

ハンデ戦と開催時期から特筆すべきステップレースなどは存在せず、

読みにくいレースですので、ハンデについて書いておきます。

過去10年牡馬で連対したのは18頭。そのほとんどが53~56kgの斤量であった。

牝馬で連対した2頭はいずれも51kg。

以前は3歳馬に無縁のレースであったが、アルコセニョーラ、トウカイトリックが

近年好走している。

それではこれらを考慮しながら予想です。

福島11R  福島記念(GⅢ)
◎レオマイスター
○マイネルキッツ
▲ブレーヴハート
△マイネカンナ
△フィールドベアー
△グラスボンバー
△ホッコーソレソレー

3連複:◎-○▲△△△△ 計15点×300円  合計4500円

本命はレオマイスター。
ラジオNIKKEI賞の覇者でその時のタイムも優秀。前走一叩きして上昇が望める。
斤量も3歳であり恵まれ、早め進出からの捲り切りに期待したい。
対抗はマイネルキッツ。
七夕賞で2着と好走。スパッと切れる脚がないため、荒れた今回のような馬場は
底力勝負になりやすく、切れ味が殺される。前走の負けで人気が落ちれば一発も。
単穴はブレーヴハート。
傾向では触れなかったが、京都を使ってここに向かった馬に良績が目立つ。
福島2000mのレコードホルダーであり、確実な末脚は魅力。鞍上込みで期待。
叩き2走目のマイネカンナ、ホッコーソレソレー
斤量背負うが条件向くフィールドベアー、グラスボンバーまで。
[PR]

by marim905 | 2008-11-24 15:12 | 競馬
<< 重賞レース回顧 福島記念 >>