だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク集
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
Child Growth
from Child Growth
High Arched ..
from High Arched Feet
Heel Spur
from Heel Spur
hallux valgu..
from hallux valgus ..
Bunion Prote..
from Bunion Protect..
Foot Pronation
from Foot Pronation
Human Growth..
from Human Growth H..
Upper Back B..
from Upper Back Bra..
Bunion Pain ..
from Bunion Pain ca..
Heel Spurs
from Heel Spurs
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

というわけで

1日経ちましたが、日曜にジャパンカップが行われた東京競馬場に行ったときの

観戦レポートをお送りしたいと思います。

今回は前回とメンバーが1人入れ替わり、その1人が競馬初体験ということで

私とその人が同行し、もう1人が前入りするという打ち合わせでした。

横浜からの移動が結構あるので、馬券の買い方と予想の仕方を説明するために

新聞を朝食のついでに買ってからいざ横浜駅へ。

今回は寝坊しなかったので待ち合わせの10分前に横浜駅に到着。

あ、ちなみに前回は20分遅刻して顰蹙を買うはめになりましたw

そうこうしていると1通のメール。相手は前入りしている競馬玄人。

「だめだ・・・」

まずい、これは負けが込んで投身自(ry

詳しく聞いてみるとゴール前の席が取れず、端しか取れなかったということ。

座れるだけましだと思う楽観主義の私はなんとか思いとどまらせることに成功(ぇ)

ちょうど9時に待ち合わせ場所に現れたので、電車に飛び乗り新聞を見せる。

私はというと前日に午前中の分は済ませていたので、脇から口出しする程度。

彼が3Rまで予想を終えたところで府中本町に到着。

ゲートをくぐり入場すると前回と明らかに違う点が。

人の数が半端ないw

天皇賞秋の入場者数が11万人でジャパンカップが10.8万人でほぼ同数でしたが、

午前中の時点では明らかに今回の方が観客が多かったです。

驚きを隠せぬ中、前入りの輩と合流して競馬談議に花を咲かせつつ予想を。

2Rが迫っていたので、買い方を説明するために同行。

私はマイルチャンピオンシップの払い戻しだけ済ましておしまい。

そんなこんなで要領も掴めてきたらしく、2,3,5Rを的中して好調。

私はというと2Rを裏で外し、3Rで馬単を的中。4,5Rは新馬戦なので見送り。

午後に入り、人はますます増えてレース直前からゴール前は人だかり。

6Rは500万の2400m戦。5Rまでほとんど平穏でやる気が低下していましたが

メンツと人気の割れ方を見て昼前からこのレースに標準を合わせて長考。

結果的にこれが功を奏して3連複的中、初の万馬券ヽ( ´▽`)ノ

写メで馬券を取っておくのを忘れるほどでしたw

まあ、本命で悩んだ相手が15着ですから、威張れたものじゃございませんが。

7,8Rは1番人気から相手を絞った馬単でちょこちょこ当てて、

9Rはメインの予想のためにパス。まあ、買ってたら外してると思うw

そんなこんなでいよいよメインレースの本馬場入場。

私がいたのはゴール過ぎの100m付近でした。

返し馬でこっちに何が来るか楽しみにしていましたが、

マツリダゴッホ、ネヴァブション、ダイワワイルドボアの関東馬3騎で、

ダービー馬は1頭も見れませんでした。

このあとはレース回顧と重複しかねないので割愛しますが、

ウオッカが私の前を通過していく時のかかりっぷりは尋常じゃなかったですw

最終レースは玄人が3連複を当てて無事に締めてくれました。

結果的に初体験だった彼が2,3,5,8R的中もすべて堅めでトントン

玄人がミヤビベガの複勝のみでしたが、最終で取り戻しチョイ負けという具合で

みんな笑顔で競馬場を後にできました。

フェブラリーSも来れたら来ようみたいな話をしつつ帰路につきました。


まあ、特におもしろみもない内容で申し訳ないですが、こんな感じでしたw
[PR]

by marim905 | 2008-12-01 21:03 | 競馬
<< ステイヤーズステークス&鳴尾記念 重賞レース回顧 >>