だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク集
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
Child Growth
from Child Growth
High Arched ..
from High Arched Feet
Heel Spur
from Heel Spur
hallux valgu..
from hallux valgus ..
Bunion Prote..
from Bunion Protect..
Foot Pronation
from Foot Pronation
Human Growth..
from Human Growth H..
Upper Back B..
from Upper Back Bra..
Bunion Pain ..
from Bunion Pain ca..
Heel Spurs
from Heel Spurs
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

土曜競馬

今日は東西で重賞がありますね。

開幕週でなおかつ馬場は良に回復というわけで絶好のコンディションで行われそうです。

2レースあるので、予想を見ながら傾向分析もしたいと思います。

中山11R  ステイヤーズステークス(GⅡ)
◎トウカイトリック
○マキハタサイボーグ
▲トウカイワイルド
△エアジパング
△フローテーション
△ベンチャーナイン
△レッドアゲート

3連複:◎-○▲△△△△△  計15点×300円  合計4500円

傾向を見ていきます。
重要なステップになるのが同じ長距離で行われたアルゼンチン共和国杯。
過去10年でそこを経由した馬は【5・5・6・32】と他を圧倒。
しかも着順は不問で、大敗しても巻き返しが十分可能。
東京2500mと中山3600mでは条件が全く異なり、展開も当然変わる。
しかもハンデ戦と別定戦。長距離という条件を除けば全く当てにならないのも頷ける。
別定戦に変わり斤量が下がるような実績馬は信頼度が一気に上がる。
3歳勢のステップは菊花賞。過去10年の成績は【1・1・0・4】で
99年1,2着のペインテドブラック、テイエムオペラオーのみ。
前者は青葉賞(2400m)勝ち、後者は皐月賞1着、菊花賞2着と世代中上位の力と
長距離適性が求められる。
マイネルデスポット(菊花賞2着)が8着、エイシンダードマン(同4着)が7着と
菊花賞で好走したからといって、飛びつくと痛い目にあう。今年は2,6着馬が出るが。

本命はトウカイトリック。
休み明けに加え、酷な斤量、不向きな展開、位置取りと前回は不運が重なった。
特に今年の場合、アルゼンチン共和国杯で問われたのが切れ味であったことを考えると
例年以上に内容を度外視できる。このレース一昨年2着、昨年は大事に行きすぎて
脚を余し4着とこのメンバーなら実績は断然。
対抗はマキハタサイボーグ。
上と同じ理由で前走は度外視。切れ味というよりスタミナが持ち味の当馬にとって
この条件はベスト。去年の大捲りは圧巻だったし、ここでも見限れぬ。
トウカイトリックと斤量差ができてしまった分割り引くが、昨年の再現もある。
単穴はトウカイワイルド。
3000m以上のレースでは天皇賞春や阪神大賞典などで、一線級相手に
大きく負けない走りを堅実に見せる。相手が数枚落ちる今回好勝負可能。
終始内々を走れる枠順にも恵まれ、侮れない。
当レース複勝率100%の典騎乗のエアジパング、割り引くも相手手薄で浮上の
フローテーション、ベンチャーナイン。中山巧者のレッドアゲートまで。


阪神11R  鳴尾記念(GⅢ)
◎サクラメガワンダー
○フサイチアウステル
▲キャプテンベガ
△フライングアップル
△ナムラマース
△ホッコーパドゥシャ
△メイショウオウテ

こちらでも傾向から。
阪神競馬場が新装されてから3年目。このレースも距離が1800mに短縮され、
傾向分析するにしても情報が少なすぎて、予想者泣かせ。
というわけでコース形態から組み立ててみましょう。
新しい阪神競馬場の1800m戦は向こう正面のポケット地点からスタート。
3コーナーまで長い直線が続くため、極端に早いペースにはなりにくい。
しかも4コーナーが緩くなっており、瞬発力が求められるため、余計にその傾向が顕著。
そのため、新装以来2年とも当レースはいわゆるヨーイドンの競馬になっており、
レースの上がり自体が2006年33.6秒、2007年34.2秒と偏っている。
そういう傾向もあってか、外を回されて余計な距離を走らされるよりも内で脚を溜め、
直線爆発させるタイプが好走しやすい。ただし、馬群がバラけず捌きにくくなるのも内枠。
今年も飛ばして逃げるような馬は見当たらず、ここ2年と同様のレース展開になる公算が
高いため、瞬発力勝負でも好走できそうな馬を重点的に押さえたい所である。

本命はサクラメガワンダー。
関東圏では好走できなかった当馬がここにきてGⅠ、GⅡで一線級相手に僅差負け。
阪神、京都では抜群の安定感を誇り、一昨年このレースも勝っている。
悪い意味で相手なりの馬であると言われればここでも危ういが、
56kgの斤量にも恵まれた。外枠を克服できれば勝機あり。
対抗はフサイチアウステル。
絶好の枠を引き、逃げるには持ってこい。自分のペースに持ち込めれば
距離延長もなんのその。休み明けの前走は調整失敗に加え、乱ペースという不運。
馬体を戻し、前々走程度の走りができるのならばここでも浮上。
単穴はキャプテンベガ。
上位人気では一番枠順に恵まれた当馬。最近では重賞でも安定した走りを見せ、
ここでもすんなりいい位置を取れれば勝ち目もある。
切れ味で劣る分、本命とガチンコ勝負はきついが、枠の利を生かせれば。
叩いて浮上のフライングアップル、ナムラマース、
好位で競馬が理想のホッコーパドゥシャ、阪神巧者のメイショウオウテまで。
[PR]

by marim905 | 2008-12-06 15:04 | 競馬
<< 砂の王者 WSJS >>