だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク集
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
Child Growth
from Child Growth
High Arched ..
from High Arched Feet
Heel Spur
from Heel Spur
hallux valgu..
from hallux valgus ..
Bunion Prote..
from Bunion Protect..
Foot Pronation
from Foot Pronation
Human Growth..
from Human Growth H..
Upper Back B..
from Upper Back Bra..
Bunion Pain ..
from Bunion Pain ca..
Heel Spurs
from Heel Spurs
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日曜競馬

例年にもまして好メンバーが集っていいレースになること請け合いですが、

予想する側からすると点数を絞らないと当たっても意味がない可能性がありますね。

今年から1週ずれてしかも阪神競馬場で催されることになったので、

頼みの綱のデータはこれといったものが見出せませんね。

1800mという非根幹距離でGⅠが行われるのはしっくりこないわけで

2000mでやってもらいたいところですが、芝スタートの2000mじゃダメなんですね。

押さえようと思っていたマストトラックが取り消して、予想を立て直しするはめにw

それでは立て直された予想です。

阪神11R  ジャパンカップダート(GⅠ)
◎サクセスブロッケン
○ヴァーミリアン
▲サンライズバッカス
△カジノドライヴ
△ブルーコンコルド
△ワイルドワンダー
△ワンダースピード

3連単2頭軸:◎-○-▲△△△△  計30点×300円  合計9000円

本命はサクセスブロッケン。
ダートでは6戦5勝で唯一の敗戦も王者ヴァーミリアン相手にクビ差。
叩いた上積みに加え、1戦1戦成長が垣間見れる点を評価したい。
調教も自己ベストを叩き出すなど3歳での戴冠へ向けて抜かりはなく絶好調。
対抗はヴァーミリアン。
国内GⅠ6連勝中でダート界のトップであることは言うまでもないが、
前走はサクセスブロッケンの驚異の粘りにヒヤリとさせられる面も。
斤量では差が縮まったが、上昇度では向こうが上手。
調教駆けしない馬であるものの調教が不満である点が気にかかり対抗まで。
単穴はサンライズバッカス。
2年近く勝利から見放されているが、馬場が合わない地方のレースや
展開が合わなかった東海Sを除けば好走を続けている。
東京の方がよさそうだが、前がやりあいそうな今回馬群をうまく捌ければ侮れぬ。
AWが合わず大敗したもののダートで見直したいカジノドライブ、
3番手には差し馬が台頭する展開を見越してワイルドワンダー、ブルーコンコルド、
関西圏のこの距離に実績があり、内枠が気になるがワンダースピードまで。

カネヒキリについては前走追わずに最後伸びていたところを見ると
叩いて復調もありうるが、この中間も調教は軽いのが1本だけと脚元を気にしたもの。
本調子ならもちろん上位であるが、屈腱炎からの復調は容易ではない。
ここで勝負になるようだと化け物。この人気では手が出せない。
[PR]

by marim905 | 2008-12-07 14:31 | 競馬
<< 重賞レース回顧 ジャパンカップダート >>