だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

土曜競馬

今年から父内国産馬限定という縛りがなくなり、出走できる馬が増えましたが、

結果的にメンバーを見回しても父内国産馬が多いので、あまり変わり映えはせず。

鳴尾記念と対照的にハンデ戦なだけに、メンバーも小粒で読みにくいですね。

距離も一昨年1800mから2000mに変更されて、鳴尾記念の二の舞を食らいそうですが

兎にも角にも時間があまりないので早速傾向から。

開催がこの時期になった00~07年の8年間に関して見ていきますが、

特筆すべき点は若駒が優勢であるという点。

3歳馬【3・3・4・22】、4歳馬【3・5・1・15】、5歳以上【2・0・3・52】

3歳馬に関しては3番人気以内が7頭で残りの3頭も中穴程度で後方からの差し込み。

4歳馬に関しても同様で3着以内の8頭はすべて5番人気以内。

5歳以上の5頭の人気は4・8・10・1・5とバラバラ。穴を選ぶならここからか。

展開的には2000mに変わってからコーナーまでの距離が延びたため、

前有利ということもなく、後方からの差し馬の台頭も多く見られる。

それでも開幕週らしく時計はある程度出る。

高速馬場に対応できるだけの力が欲しいところ。

これらを踏まえて予想です。


中京11R  中日新聞杯(GⅢ)
◎ヤマニンキングリー
○アルコセニョーラ
▲オペラブラーボ
△イケトップガン
△シンゲン
△シゲルフセルト
△フサイチアソート

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円 合計4500円


本命はヤマニンキングリー。
前走はOPを快勝。しかも当レースと相性がいい京都中距離からのステップ。
中京での勝ちもあるように、平坦左回りにも十分適応可能で人気のある3歳馬だけに
信頼度は高い。
対抗はアルコセニョーラ。
近走は以前のムラ駆けが嘘であるかのように差し脚が安定。
前走はGⅠにもかかわらず、最後方から上がり最速の脚を使っての7着。
ステイゴールド産駒らしく小回りもうまく立ち回ることが可能。上がり勝負にも対応可。
単穴はオペラブラーボ。
1000万からの3連勝でいよいよ重賞挑戦。内容も素晴らしくこの人気でも驚けない。
父外国産馬に解放された今年、オペラハウス産駒の当馬が飾る可能性も十分。
ただ、ここ3戦上がり勝負の軽いレースになっているだけに、底力が問われると・・・
好時計で連勝に加え平坦で気になるマヤノトップガン産駒というわけでイケトップガン、
前走休み明けながら好時計で圧勝したシンゲン、
好ステップの菊花賞からの転戦になるシゲルフセルト、
新潟記念、福島記念と平坦で好走し、左回りで改めて注目したいフサイチアソートまで。

P.S.私情ですがヒカルカザブエの単複獲ったぜヽ( ´▽`)ノ
[PR]

by marim905 | 2008-12-13 15:21 | 競馬
<< 阪神JF 傾向分析 中京開催 >>