だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

土曜競馬

この時期に移行してから3年目になる愛知杯。

ここ2年はエリザベス女王杯でそこそこ見せ場を作った馬が勝っていますが、

今年はそんな馬も見当たらず、格上げ挑戦ばかりが目につきます。

こういうメンバーになると以前春に行われていた頃の理不尽なまでの大荒れを

期待せずにはいられないわけですが、結果はいかに。

上でも述べたように施行時期が変更されてから3年目なのでデータ分析は省略。

というわけで早速予想へ。

中京11R  愛知杯(GⅢ)
◎チェレブリタ
○ウインシンシア
▲ブリトマルティス
△レインダンス
△マイネレーツェル
△ブーケフレグランス
△セラフィックロンプ

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

本命はチェレブリタ。
秋に入ってから距離を延ばして今回初の2000mとなる。
1800mでは3戦して1着1回3着1回ながらも1分46秒台で堅実に走っている。
斤量的にも恵まれて、連勝もある。血統的にはこの距離でも十分持つ。
対抗はウインシンシア。
中京コースは3戦2勝。1回の敗戦は不得意な渋った馬場ということを考慮すると怖い。
休み明けとなるが、調教では好時計を繰り出し、終いもうまくまとめて好気配。
3歳時に重賞で善戦を演じた馬だけに軽視は危険。
単穴はブリトマルティス。
中京コースは4戦2勝。良績が平坦コースに集中しているため、中京になるのはプラス。
今年の春からの成長が著しく、重賞でもいい走りを見せた。
今回は斤量も減り、枠も真ん中でいいところ。叩いての上積みは確実にある。
前走見せ場を作ったレインダンス、マイネレーツェル、
秋に入りいよいよ本格化の気配があるブーケフレグランス、
3歳時から中距離中心に使われ、陣営の意気込みが感じられるセラフィックロンプまで。

昨年このレース2着のニシノマナムスメは背負わされた感があり、評価を下げたい。
デムーロに続き、ルメールも連覇とは考えられない。
クラウンプリンセスは連勝を評価されての人気であろうが、
展開的に恵まれた感が否めない分、この人気は過剰で手は出せない。
全弟が出世候補に挙がっているのもあるかもしれないが、姉は関係ない。
[PR]

by marim905 | 2008-12-20 15:06 | 競馬
<< 朝日杯FS 傾向分析 愛知杯 >>