だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク集
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
Child Growth
from Child Growth
High Arched ..
from High Arched Feet
Heel Spur
from Heel Spur
hallux valgu..
from hallux valgus ..
Bunion Prote..
from Bunion Protect..
Foot Pronation
from Foot Pronation
Human Growth..
from Human Growth H..
Upper Back B..
from Upper Back Bra..
Bunion Pain ..
from Bunion Pain ca..
Heel Spurs
from Heel Spurs
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日曜競馬

というわけで2009年一発目の予想ですよヽ( ´▽`)ノ

昨年中は新データ予想がうまく機能して調子よかったのですが、

先週はアップし損ねて嫌な感じで本年が始まってしまったので、

今週からいいスタートを切りたいところですね。

さて、今週は東西で明け3歳によるマイル戦。

これだけでも難しいのにフェアリーSの方は時期と距離が変わって難解。

データ重視の私もお手上げ。予想に組み込んでから調子のいい血統にすがるはめに。

それではぐだぐだ書いても仕方ないので早速予想です。

中山11R  フェアリーステークス(GⅢ)
◎パールシャドウ
○ダイワバーガンディ
▲イルドロール
△イナズマアマリリス
△マイティースルー
△ジェルミナル
△マイネアリス

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

本命はパールシャドウ。
東京で先行と逃げで2戦2勝。初の中山となるが、こなせないとは思えない。
前走は現地で見ていたが、直線半ばまで引き付けて突き放すという競馬で快勝。
自在性があり器用そうな馬だけに戸惑うことなく走ってくれるだろう。
対抗はダイワバーガンディ。
新馬勝ち当初はかなりの期待がかけられたものの、ここ2戦は末脚不発。
しかしながら、血統的には東京や新潟よりも中山向きに思えるし、
後方からよりも前目での競馬の方が向きそう。現段階では器用さに欠け、難しそうだが
うまくつけられればあっさりもありそう。
単穴はイルドロール。
9月の新潟以来の休み明けとなるが、芝では1戦1勝でカツヨトワイニングを破るなど
底を見せていない。仕上がりの具合が気になるが、
血統的にもここで一叩きして次走、という印象も薄く、休み明けでも侮れない。
ゴールドアリュール産駒は中山のマイルと相性がいいだけにここでも。
以下イナズマアマリリス、マイティースルー、ジェルミナル、マイネアリスまで抑える。


京都11R  シンザン記念(GⅢ)
◎ミッキーパンプキン
○トップカミング
▲タキオンクール
△キングスレガリア
△ピースピース
△ケンブリッジエル
△アントニオバローズ

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

本命はミッキーパンプキン。
京都で連勝後の前走は6着に敗れたものの、好位追走と厳しい展開を経験できたのは
大きな収穫。今回は相手のレベルも下がり、前残りの馬場に加え、
ペースメーカーもいるので、レースが最もしやすいだろう。
対抗はトップカミング。
わずか1勝だが、ここ3戦は重賞やOP戦でいずれも0.5秒差以内の僅差での敗戦。
1600mも長いということもなく、十分こなせる距離である。
相手なりで勝ちきれない馬だが、それだけに人気もなく妙味あり。
単穴はタキオンクール。
2戦1勝とキャリアは浅いが、新馬は好位につけ快勝。前走は外を回され3着。
今回再び京都の1600mに舞台が戻るのは好材料。自在性もありそうで、
新馬戦のように好位で立ち回れれば勝機あり。
以下キングスレガリア、ピースピース、ケンブリッジエル、アントニオバローズまで。
[PR]

by marim905 | 2009-01-11 04:13 | 競馬
<< フェアリーステークス&シンザン記念 クラシックに向けて >>