だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

日曜競馬

ウインズから帰宅。

今週は東では空き巣っぽい3歳戦、西ではGⅡっぽくないハンデGⅡが行われます。

それでは傾向に触れつつ早速予想です。

京都11R  日経新春杯(GⅡ)
◎ヒカルカザブエ
○アドマイヤモナーク
▲ナムラマース
△メイショウクオリア
△ホッコーパドゥシャ
△マイネレーツェル
△テイエムプリキュア

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

近年はやはりハンデ戦らしく重いハンデを課せられた馬は不調。
ここ5年に関して言うと連対馬の斤量はすべて54~56kgのいわゆる中堅ハンデ。
基本的にローテは2000m以上のレースを使っていることが望ましく、
1800m以下を使ってここに臨んだ馬は信頼度が一気に下がる傾向にある。

本命はヒカルカザブエ。
目下4連勝中の身で京都も2戦2勝と問題ない。調教はいまいちに映るが毎度のこと。
距離延長は過去のレースを見る限りプラスに働きそう。
現在1番人気なのが不安だが、現在確変中の幸四郎なら。
対抗はアドマイヤモナーク。
実績は筆頭。しかしながら、58㎏を背負って連対した馬が過去5年いないこと、
8歳馬での好走がないこと、スローになりそうなことなどを考慮して軸にはしがたい。
使い分けを考慮してのこのローテーションもいささか不満。
単穴はナムラマース。
休養明けから叩き3戦目。この距離はほとんど経験がないが、
相手関係を考えればあっさりも十分ある。ここ2戦かなり後方からレースをしているため
結果が出ていないが、ある程度の位置を確保できれば。
適距離に戻り、雨も味方するメイショウクオリア、先行ならホッコーパドゥシャ、
パワーを要す今の馬場ならマイネレーツェル、テイエムプリキュアまで。


中山11R  京成杯(GⅢ)
◎サンライズキール
○ナカヤマフェスタ
▲トゥリオンファーレ
△セイクリッドバレー
△アーリーロブスト
△ケニアブラック
△ファインビスティー

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

ここ3年こそ関東馬が連勝しているが中山にもかかわらず西高東低。
それに伴って中山2000mより阪神2000mを経由している方が信頼度が高い。
前走の格自体は関係なく未勝利戦を経由しての好走も目立つ。
レースとしては展開にかかわらず差し馬優勢。

本命はサンライズキール。
出遅れたり、まっすぐ走らなかったり、頭が高かったりとまだ若さを見せているが
スケールを感じる走りを見せる。出遅れながらも前につけ快勝した前走は圧巻。
大型馬だけに使いつつよくなりそうなタイプで、先々楽しみだが先物買いで。
対抗はナカヤマフェスタ。
2連勝で重賞勝ちした馬。強さというよりはセンスの良さを感じさせる。
中山に舞台が移るのは若干不安だが、器用な馬が多いステイゴールド産駒なら。
中山特有の紛れと唯一となる57kgを背負う点だけ注意。
単穴はトゥリオンファーレ。
前走は結果こそ3着だが完敗の部類。レベルの高いレースだっただけに
敬意は表したいが、あまりに評価しすぎるのも気が引ける。
差し脚は安定しているが、器用さに欠ける分勝ち切るまではどうか。
ここ2戦中山で好走を見せるセイクリッドバレー、
阪神2000mを逃げて圧勝のアーリーロブスト、未知数のケニアブラック、
再びの芝だが中山ならばわからないファインビスティーまで。

P.S.デルフォイの単勝ごちそうさまでした。
[PR]

by marim905 | 2009-01-18 14:53 | 競馬
<< だらだら予想 日経新春杯&京成杯 >>