だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク集
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
Child Growth
from Child Growth
High Arched ..
from High Arched Feet
Heel Spur
from Heel Spur
hallux valgu..
from hallux valgus ..
Bunion Prote..
from Bunion Protect..
Foot Pronation
from Foot Pronation
Human Growth..
from Human Growth H..
Upper Back B..
from Upper Back Bra..
Bunion Pain ..
from Bunion Pain ca..
Heel Spurs
from Heel Spurs
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日曜競馬

今日は東西でGⅢが行われます。

東西ともに馬場が回復しきっていないところが予想を難しくしますね。

力の比較もしにくいメンバー構成になっているのもありますが。

予想の前に言い訳をしたところで早速予想へ。


東京11R  根岸ステークス(GⅢ)
◎ビクトリーテツニー
○アドマイヤスバル
▲バンブーエール
△ヒシカツリーダー
△ナンヨーヒルトップ
△ボードスウィーパー
△オフィサー

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

ガーネットS組が中心であったが、今年からカペラSに変わって前倒して行われたので
関連度が不明。それ以外に明確なステップは存在しない。
展開的には後方待機馬の好走が目立ち、ある程度時計も出るため
時計実績が求められる。今年は馬場を考慮するとより重要になる。

本命はビクトリーテツニー。
前走は展開がはまったとはいえ、日本レコードでの快勝は並大抵ではない。
ドバイを経験しているだけにタフなレース展開はこの馬向き。
脚抜きのいい馬場になった今回、レコードを持っていることはいい材料。
対抗はアドマイヤスバル。
東京1400mは【3・1・2・0】と絶好の舞台。ここ2走は芝を使っているが
芝適性云々の敗戦ではなく、絞り切れなかった馬体重だと考える。
今回馬体重も絞れて得意の舞台、巻き返し十分。
単穴はバンブーエール。
唯一のGⅠ馬で現在目下4連勝中。時計実績も十分だし、59kgがこなせれば。
未経験なだけに本命視はできないが、最有力であるのは言わずもがな。
フェブラリーSを狙うのならこの相手関係では負けられない。
以下ヒシカツリーダー、ナンヨーヒルトップ、ボードスウィーパー、オフィサーまで。


京都11R  京都牝馬ステークス(GⅢ)
◎スペルバインド
○タイキマドレーヌ
▲ニシノマナムスメ
△ザレマ
△オディール
△カレイジャスミン
△プリンセストロイ

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

傾向としては上位人気の信頼度が低め。
主なステップとしては愛知杯、ターコイズSが挙げられるが、ここで好走しているのは
そこより斤量が減っているか、変化なしの場合のみで増加の場合は見送るべき。
格上げでも通用するが、前走重賞以外で掲示板を外した馬は期待薄。

本命はスペルバインド。
現在2連勝中で内容も着実に良化。昨秋から成長一途で格上げ挑戦でも侮れない。
馬場も回復しつつあり、切れ味発揮も十分可能。
対抗はタイキマドレーヌ。
データ的にはとても狙えないがここ2戦はレース選択が不明で度外視可能と見る。
昨年は中山牝馬S、福島牝馬Sとコンマ差での敗戦。展開次第で馬券内はありうる。
荒れ馬場、渋った馬場ともに歓迎で手薄な今回のメンバーなら一発も。
単穴はニシノマナムスメ。
愛知杯から斤量は1.5kg減。揉まれずに運べそうな頭数になったのも好材料。
直線が長い京都外回りに条件が変わるのもこの馬にとってはプラスに働くはず。
パンパンの馬場が希望だが、稍重ならば。
以下ザレマ、オディール、カレイジャスミン、プリンセストロイまで。
[PR]

by marim905 | 2009-02-01 15:29 | 競馬
<< 小倉大賞典 京都牝馬ステークス&根岸ステークス >>