だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク集
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
Child Growth
from Child Growth
High Arched ..
from High Arched Feet
Heel Spur
from Heel Spur
hallux valgu..
from hallux valgus ..
Bunion Prote..
from Bunion Protect..
Foot Pronation
from Foot Pronation
Human Growth..
from Human Growth H..
Upper Back B..
from Upper Back Bra..
Bunion Pain ..
from Bunion Pain ca..
Heel Spurs
from Heel Spurs
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日曜競馬

今週も東西で重賞が行われます。

東京ではクラシックへ向けて輸送+府中を経験させておきたい関西馬と

中山開催をパスしてここに絞って調整してきた関東馬の戦いが見物ですね。

一方京都ではこれぞGⅢといったメンバー構成のスプリント戦が。

さて、時間の都合上余裕がないので、コメント(能書き)は省いて予想へ。


東京11R  共同通信杯(GⅢ)
◎ブレイクランアウト
○マッハヴェロシティ
▲トーセンジョーダン
△ダイワプリベール
△シェーンヴァルト
△ショウナンアルディ
△トップカミング

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円
馬連:○-▲△△△△  計5点×100円  合計500円

本命はブレイクランアウト。
実績・安定度・府中経験と不安材料はほとんどない。
並んでから気を抜く癖がどうも気になるが複勝圏を外すとは考えにくい。
対抗はマッハヴェロシティ。
出遅れや不利でまともな競馬ができていない近走ではあるが、府中代わりは好材料。
なぜアンカツなのかという疑問もあるが、絶好調のマンハッタンカフェ産駒の勢いで。


京都11R  シルクロードステークス(GⅢ)
◎アーバンストリート
○ソルジャーズソング
▲スプリングソング
△モルトグランデ
△コパノフウジン
△ヘイローフジ
×ウエスタンダンサー

3連複:◎-○▲△△△×  計15点×300円  合計4500円
馬連:○-◎▲△△△  計5点×100円  合計500円

本命はアーバンストリート。
前走は斤量差が-1kgのヘイローフジ、±0kgのサープラスシンガーに僅差の3着。
今回はその2頭と±0kg、+2kgと当馬に有利な状況に。
後方一辺倒なので、全幅の信頼とはいけないが軽ハンデを生かして。
対抗はソルジャーズソング。
前走は度外視。前々走はモルトグランデに快勝。斤量差は縮まったが、
人気の妙味から重めの印を打ちたい。幸四郎からの乗り代わりブームもあいまって。


今週は余った500円で、私が実際に買うならこの馬券というのを書いてみました。
1レースごとに4500円をつぎ込むなんてあまり現実的ではないですしw


結果
東京:56.7倍×300円=17010円
京都:146.9倍×300円=44070円  52.0×100円=5200円


今年初の万馬券ヽ( ´▽`)ノ

回顧でも書こうかなと思いましたがテスト中なのでやめ。

当たったから書こうってのもあれだしな

東京に関しては特に言うことはなし。ブレイクランアウトは順当勝ち。
外でごちゃごちゃしている間に内からスルスル抜け出したのは先週に続きまたも豊。
一昨年の天皇賞秋でのメイショウサムソンのように思えたのは私だけ。
それより驚いたのはプロスアンドコンズの人気の集めっぷり。
確かに未勝利勝った時は怪物かなと思わなくもなかったけど、
ここ2戦(特に前走)の内容を見たら抑えにはできても、軸や単勝は(ry
まあ、これもただの結果論ですけど。500万以下から立て直しましょう。

京都に関しては何点か。
まずは人気。これはほぼ予想通りで、不可解な人気はなかったですね。
私の見込みではサープラスシンガーが1番人気で
京阪杯1・3着が入れ替わっての3・2着、ヘイローフジが4番人気でした。
開けてみると京阪杯1・3着が1・2番人気、淀短距離S1・2着が3・5番人気。
一方、最近準OPを卒業したの上がり馬は4・6・7・9番人気といった具合に。
前者は吹っ飛び、後者は3着まで独占。
まあ、これも時間があれば予想載せるときに書きたかったんですが、
京阪杯とシルクロードSは距離・競馬場こそ同じですが斤量も馬場状態も違って
関連が薄いんですよね。スプリングソングは前走も好走したので軽視は無理でしたが。
ウエスタンダンサーは前走展開的に恵まれて揉まれずに行けましたが、
今回は休み明け、淀みのないペース、斤量も実質トップハンデとなればきついかと。
淀短距離Sの方は例年関連度が高いですが、今年の場合あの変態馬場で行われ、
行った行ったでの決着。サープラスシンガーはさすがに格が違いましたから
馬場云々関係なく勝ったでしょうが、他は信頼に値する結果ではなかったかと。
そこでサープラスシンガーが格の違いを見せつけたから今回マークがきつくなって
きついペースで走らざるを得なくなったということもありましょう。
それでも5着なのだからやはり力はあったし、切るべきじゃなかったなと思いました。

というわけで結果論の話でした。
[PR]

by marim905 | 2009-02-08 13:30 | 競馬
<< だらだら予想 共同通信杯&シルクロードステークス >>