だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク集
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
Child Growth
from Child Growth
High Arched ..
from High Arched Feet
Heel Spur
from Heel Spur
hallux valgu..
from hallux valgus ..
Bunion Prote..
from Bunion Protect..
Foot Pronation
from Foot Pronation
Human Growth..
from Human Growth H..
Upper Back B..
from Upper Back Bra..
Bunion Pain ..
from Bunion Pain ca..
Heel Spurs
from Heel Spurs
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

土曜競馬

今日は東京では3歳牝馬によるマイル戦。京都では古馬の2200m戦と

春の大きなところへ向けてちょっと注目のレースとなりそうです。

明日のためにここは軽く外すつもりで挑みたいわけですが。

それでは早速予想のほうへ。

東京11R  クイーンカップ(GⅢ)
◎パールシャドウ
○ミクロコスモス
▲カツヨトワイニング
☆ダノンベルベール
△グローリールピナス
△ディジアーナ
△フレンドリードレス

3連複:◎-○▲☆△△△  計15点×300円  合計4500円
馬連:○-◎▲△△△  計5点×100円

本命はパールシャドウ。
前走こそ大敗に終わったが、その前の2戦は圧巻の内容で時計も上々。
先行するには絶好の枠を引き、良馬場とはいえ若干切れが殺されるという中、
展開的にもそんなに早くなりそうもなく、内が伸びるというのもこの馬向き。
対抗はミクロコスモス。
阪神JF3着後500万を後方からあっさり差し切り。力はここでも圧倒しそう。
おそらくある程度の位置につけるであろうが、前の展開に左右される可能性があることと
外よりも内が伸びている状況を考えれば過剰人気と思わざるを得ない分この評価。
ただ、賞金的にここで積まないと桜花賞は厳しいだけに陣営が本気であることは確か。
単穴はカツヨトワイニング。
前走は内にもたれてしまい4着に敗れたが、
内枠先行有利の展開の中ここまでやれたことを評価。
東京に舞台が移り末脚が前回以上に生かせそうなだけに再度見直し必要。
中団やや前目につけられれば好勝負可能と見る。
ミクロコスモスにぶつける形をとったダノンベルベールは賞金的にも余裕があるため、
ある程度試すような競馬をするように思われる。実績力は圧倒も試し乗りではどうか。
以下グローリールピナス、ディジアーナ、フレンドリードレスまで。


京都11R  京都記念(GⅡ)
◎アドマイヤオーラ
○サクラメガワンダー
▲カワカミプリンセス
△マンハッタンスカイ
△タスカータソルテ
△アサクサキングス
△ダンスアジョイ

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

目立った傾向というものはなく実績がそのまま結果となっているのがこのレース。
今回は頭数も少なめで明確な逃げ馬不在となって瞬発力が求められる展開と読む。
本命はアドマイヤオーラ。
前回はいかにも叩き台といったレースぶりで、久々と緩い馬体が要因。
それに比べ今回は馬体も絞れて調教も絶好。2走目で確実に変わってくる馬だし、
切れ味はこのメンバーでも屈指であり、京都の舞台も合う。
対抗はサクラメガワンダー
昨秋の充実度から言えばこの馬で疑う余地はないが、京都に舞台が変わること、
斤量が有利とはいえ前回から増えることに加え、
距離が微妙な2200mということなど意外に死角はある。
阪神での強さを京都でも示せるようなら今年待ちに待った戴冠を迎えられるかも。
GⅠ馬、連対馬の中でこの人気とは鳴尾記念の圧勝のイメージの影響かな。
単穴はカワカミプリンセス。
引退宣言から取り消して現役続行。馬主を考えればそれも仕方ないかなとは思う。
肝心の京都2200mはエリザベス女王杯でこなしている分心配は要らない。
前走で燃え尽きていなければいいが、有馬記念組の不振を考えると楽観視とは。
以下マンハッタンスカイ、タスカータソルテ、アサクサキングス、ダンスアジョイまで。
[PR]

by marim905 | 2009-02-21 15:29 | 競馬
<< 初GⅠ 注目馬 >>