だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

日曜競馬

想定の段階では重賞ウィナー6頭が揃い踏みになる予定でしたが、

追い切り後にナカヤマフェスタ、フィフスペトルが回避。

そしてアントニオバローズが取り消してメンバーは弱化しましたが

それでも頭数の割りになかなかのメンツ。

まあ、前哨戦であんまり豪華になると本番つまらないですからねw

一方馬券の方はというと馬選びというよりは馬券選びといった様相。

それでは予想へ。

中山11R  弥生賞(GⅡ)
◎ロジユニヴァース
○セイウンワンダー
▲アーリーロブスト
△ハイローラー
△ケイアイライジン
△キタサンアミーゴ

3連単:◎→○▲△△△→○▲△△△  計20点×200円
3連単:○▲→◎→○▲△△△  計8点×100円

本命はロジユニヴァース。
デビュー前から栗東で調整していた程の期待馬。その素質に加えて成長力も異端。
前走は若干かかったが、自在性がある脚質は魅力。
外を回った馬が軒並み不発の中、アーリーロブストを見ながら競馬ができれば。
対抗はセイウンワンダー。
こちらも目下3連勝。朝日杯は調整不足ながらも勝っただけに力は上位。
初距離となるが血統的にはこなせそう。切れがある馬だけのこの馬場は微妙。
前走のように内が捌ければいいが少頭数とはいえ簡単にはいかないだろう。
調教師は大分吹いているが調教を見る限り絞りきってはいない。
とはいえ2歳王者として無様な競馬はできないが。
単穴はアーリーロブスト。
2000mに代わり2連勝。3頭の中で展開的に一番有利であるのは確か。
それでも前走はあきらかな前残りの展開に加え、後ろで落馬があったため
その影響を被った馬とは着差そのものを評価するのは微妙。
中山経験と前残りの馬場、展開の利を最大限に生かしたい。
以下、京成杯で不利がありながら0.2秒差だった芝ダート兼用のハイローラー、
そつなく捌ければ侮れないケイアイライジン、キタサンアミーゴまで。
[PR]

by marim905 | 2009-03-08 15:03 | 競馬
<< さて やよいしょー >>