だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今週の競馬

今週は土日ともに2つの重賞があって計4つ。

今日は日経賞と毎日杯。明日は高松宮記念とマーチステークス。

本来だったら前者の予想だけ載せて後者は明日に回すんですが

今日は競馬のあと出かけて、帰宅が明日になるので一緒に載せますw

それでは長くなりそうなので早速予想へ。

土曜
中山11R  日経賞(GⅡ)
◎ネヴァブション
○アーネストリー
▲キングストレイル
△モンテクリスエス
△マイネルキッツ
△ホクトスルタン
△ダイワワイルドボア

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

本命はネヴァブション。
中山の長距離では抜群の安定感を誇るだけに連軸候補筆頭。
前走の2200mでも勝てたのは大きい。58kgを背負うが逃げ差し自在で
流れに乗りやすい。中山で絶好調の典ならば軽視はできない。
対抗はアーネストリー。
準OPからの格上げ挑戦。デビュー勝ち以降なかなか波に乗れなかったが
前走は圧勝。御堂筋Sと相性のいいレースであるだけに格下でも見限れない。
早い段階から注目されていた馬で、このメンバーでも見劣りはしない。
単穴はキングストレイル。
ズブさが出てきただけに距離は伸びても大丈夫そう。
調教も絶好調で状態自体はよさそうで、馬体重が絞れてくればチャンスあり。
中山の舞台も得意にしているし、同型次第で。
以下、モンテクリスエス、マイネルキッツ、ホクトスルタン、ダイワワイルドボア。


阪神10R  毎日杯(GⅢ)
◎アプレザンレーヴ
○ストロングリターン
▲アイアンルック
△ミッキーパンプキン
△ダブルウェッジ
△オオトリオウジャ
△チュウワプリンス

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

本命はアプレザンレーヴ。
未勝利、500万と圧勝の内容。今回は調教が微妙ではあるがここでも。
ある程度脚質に幅があるのも、先行勢が薄そうな今回は有利。
クラシックを目指すのであればここは落とせない。
対抗はストロングリターン。
相手なりに走るが勝ちきれない内容が続く。ここでも十分通用しそうだが
出遅れ癖がどうしても気になるので対抗止まり。
その点では後入れの偶数番に入れたのはいいかもしれない。
単穴はアイアンルック。
前走は前が壁になってしまい4着と消化不良の内容。
今回は大外枠で捌けない心配はないだろうが、
距離延長で連対したのは昨年のディープスカイのみというのが気になる。
ピッチ走法の馬だけに距離延長も疑問。過信は禁物。
以下ミッキーパンプキン、ダブルウェッジ、オオトリオウジャ、チュウワプリンス。


日曜
中京11R  高松宮記念(GⅠ)
◎アーバニティ
○スリープレスナイト
▲ファリダット
△ビービーガルダン
△ファイングレイン
△ローレルゲレイロ
△トウショウカレッジ

3連単:◎-○▲△△△△  計90点×100円  合計9000円

本命はアーバニティ。
1200mは2戦2勝で底見せず。ファイングレインやスリープレスナイトも
同様で底を見せぬままGⅠを制しただけに当馬にも期待したい。
前々走は出遅れから押し上げての楽勝。前走は前が空くのを待ってからの
抜け出し。着差以上の楽勝だったように映る。
対抗はスリープレスナイト。
スプリンターズSを制してから約半年の休み明け。
中間は順調とは言いがたいが、スプリント戦の勝ち方がどれも秀逸。
休み明けとはいえ軽視はできない。舞台、枠は申し分ない。
単穴はファリダット。
この過剰人気は母ビリーヴのせいだろうか。血統的には魅力がある。
1200mは1戦のみだがすごい切れ味を見せただけに見限れない。
京都金杯、阪急杯と陣営の選択の意図がわからないがこの距離ならば。
以下ビービーガルダン、ファイングレイン、ローレルゲレイロ、トウショウカレッジ。

キンシャサノキセキも買いたいところなんだけどな。
日曜間にあったら変更するかもしれませんw


中山12R  マーチステークス(GⅢ)
◎サトノコクオー
○エスポワールシチー
▲マコトスパルビエロ
△エスケーカントリー
△キクノサリーレ
△アロンダイト
△トーセンアーチャー
△ナナヨーヒマワリ

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

本命はサトノコクオー。
仁川Sの3着までが出走するが、斤量に一番恵まれたのがこの馬。
休み明けを一叩きして上積みに期待したい。
ある程度引っ張られる展開になるだろうし、展開も向きそう。
対抗はエスポワールシチー。
充実度と安定度は随一。ここでも問題がなければ勝ち負け。
前走がレコード決着の消耗戦だったため、反動が心配だが
GⅠを再び狙うのであれば負けられないところ。
単穴はマコトスパルビエロ。
昨年の2着馬。近走も安定しているだけにここでも見限れない。
中山のこの条件も向いていそう。斤量はやや見込まれた気がするが
好勝負可能。出遅れなければ。
以下エスケーカントリー、キクノサリーレ、アロンダイト、トーセンアーチャー。

変更:キクノサリーレ→ナナヨーヒマワリ
[PR]

by marim905 | 2009-03-28 15:00 | 競馬
<< スプリント王 思いのほか >>