だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

日曜競馬

そんなこんなで桜花賞の日を迎えます。

ブエナビスタを脅かす存在がいつ出るのかと思っていましたが、

結局現れず、いわゆるシーザリオ級だった馬や阪神JF3着だった馬は

桜花賞出走の権利にすら取れないという醜態をさらして興ざめ。

1強状態にそれ以外は混戦といった模様で案外難しいですね。

しかもまともに行ったら元割れの可能性もあるので

ある程度点数を絞っていかなければなりません。

それでは傾向を踏まえつつ予想です。

阪神10R  桜花賞(GⅠ)
◎ブエナビスタ
○ダノンベルベール
▲ツーデイズノーチス
△ルージュバンブー
△ジェルミナル
△ショウナンカッサイ
△カツヨトワイニング

3連単:◎→○▲△△△△  計30点×300円  合計9000円

コースが改装され、枠順による有利不利はある程度なくなったが、
ここ2年は外枠のワンツー。しかもいつの間にか外差しが決まるようになった
馬場状態も加味すると中山マイルほどではないにしろ枠順には注意したい。
トライアル戦はチューリップ賞組が率としては高いが回収率はイマイチ。
去年はフィリーズレビュー、クイーンC、アネモネS組がワンツースリー。
これにフラワーCを加えた5レースから選ぶのが無難。
それ以外となるとムーンライトタンゴまで遡ることになる。
そこでの着順は1着ではなくてもいいが、最低掲示板は確保していたい。

本命はブエナビスタ。もう改めてコメントするまでもないと思う。
対抗はダノンベルベール。
前走は負けこそしたが、他馬より1kg思い斤量の中差のない競馬。
ブエナビスタさえいなければ、といった感じであろう。
阪神JFの時と同様、早めの栗東入りに陣営の本気度が窺える。
単穴はツーデイズノーチス。
未勝利快勝後、上手くいかず桜花賞出走が危ぶまれたが、
不良馬場の中アネモネSを勝ち出走権を確保。
未勝利戦の内容から良馬場の方がよさそう。
この2頭は内枠をうまく捌けることが条件。
以下チューリップ賞3着のルージュバンブー、同5着のジェルミナル、
展開厳しい中阪神JF4着のショウナンカッサイ、
外枠で漁夫の利差しを狙えるカツヨトワイニングまで。

ブエナビスタが前を掃除して阪神JFの再現になると思うんだ。
レッドディザイア?ローテが(ry サクラミモザ?前走糞スロー(ry
[PR]

by marim905 | 2009-04-12 15:06 | 競馬
<< 最近 桜花賞 >>