だらだら日記


スパカンと競馬を中心にあんなことからこんなことまで触れていきます。
by marim905
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク集
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
Child Growth
from Child Growth
High Arched ..
from High Arched Feet
Heel Spur
from Heel Spur
hallux valgu..
from hallux valgus ..
Bunion Prote..
from Bunion Protect..
Foot Pronation
from Foot Pronation
Human Growth..
from Human Growth H..
Upper Back B..
from Upper Back Bra..
Bunion Pain ..
from Bunion Pain ca..
Heel Spurs
from Heel Spurs
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

土曜競馬

今日は土曜にもかかわらず京都と新潟でそれぞれ重賞が、

東京ではダービートライアルのプリンシパルSが行われます。

京都新聞杯とプリンシパルSで基本的にはダービーのメンバーが決まるので

目が離せないですね。

新潟大賞典はいつにもまして「重賞を獲れそうで獲れない」、

「素質はあるが若干足りない」といった馬が多い気がするのは私だけ?

スローの公算が高いので昨年並みの上がり勝負を期待したいところ。

それでは早速予想へ。

京都10R  京都新聞杯(GⅡ)
◎ロードロックスター
○ダノンカモン
▲メイショウドンタク
△ベストメンバー
△リクエストソング
△ジョウノワンダー
△ガウディ

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

皐月賞から賞金加算を狙う組と勝ってダービー出走を狙う組の構図。
皐月賞組は二桁着順からの巻き返しがざらにある一方1番人気4頭が
3着1回だけという人気だけ集めて吹っ飛ぶケースもある。
新興勢力は500万経由が多い。主に2勝馬が中心だが、
1勝馬を蔑ろにすると3連ベースの馬券は取れない。あくまで対等に評価。
ペースは04年のように1000m60秒を切ったかと思えば、
06年のように63秒近くかかったりしてめちゃくちゃ。メンバーを見定めたい。
データなんぞ信用ならねえ、能力比較と展開読みに全力投球。

本命はロードロックスター。
是が非でもハナという馬がいない今回はスローになる公算が高い。
前走は外差しの馬場にもかかわらず、逃げて突き放す強い内容。
使いつつ良くなってきた印象で、展開の利を生かして粘り込みたい。
対抗はダノンカモン。
きさらぎ賞以来3か月の休み明け、距離延長微妙と手を出しにくいが、
スローの展開で直線勝負になれば必然的に切れ味がある馬と
コースロスが少ない内枠の馬が有利になる。内がまだ伸びる京都なら。
単穴はメイショウドンタク。
本命と同様展開の利に期待。ムラ駆けである点は否めないが、
このメンバーで展開の助けがあれば、もう1発秘めている。
皐月賞の他の2頭とは展開の差と考えれば案外侮れない。
当然買わざるを得ないベストメンバー、リクエストソング、
死んだふりに期待のジョウノワンダー、ガウディまで。

1000m61~62秒を期待してるんだけどな。それを切ったらテレビ消そうと思う。


新潟11R  新潟大賞典(GⅢ)
◎オースミグラスワン
○オペラブラーボ
▲ハイアーゲーム
△ダイシングロウ
△ミヤビランベリ
△ダイバーシティ
△ニホンピロレガーロ

3連複:◎-○▲△△△△  計15点×300円  合計4500円

上位人気の信頼度はそこそこ。が、3連複は6年連続万馬券、
3連単は4年連続10万馬券超え。どちらも導入以降すべてだから
荒れると思って問題ない。斤量は軽すぎず重すぎずがベスト。
位置取りは直線の長さからして後方有利。
妙味があるのは以前重賞好走歴がある人気薄や重賞でそこそこ走りながら
間隔が開いた馬。勢いよりも過去の実績を見たい。

本命はオースミグラスワン。
昨年、3年前の勝ち馬。前走はGⅠ好走歴のある馬に0.1秒差の4着。
休み明け3戦目の今回は昨年同様のローテで万全の態勢。
先約があり、川田が乗れないが、大外回せばいいだけだし問題ない。
対抗はオペラブラーボ。
中日新聞杯、中山金杯と1番人気になった馬、実力素質ともに上位。
加速が鈍いだけに直線が長い新潟は有利。経験もある。
この産駒らしくない切れる脚で時計勝負、上がり勝負にも対応可能。
単穴はハイアーゲーム。
上記で述べた過去の実績がある人気薄。1発叩いて浮上気配。
時計勝負上がり勝負は歓迎。相手なりに走るから57kgも納得。
上手く内からそつなく捌いて直線勝負に賭ければ一発あり。穴はこれ。
以下、復調気配のダイシングロウ、間隔が開いてもミヤビランベリ、
また内枠、またサンデーレーシングのダイバーシティ、
スローからの差し込みと距離短縮でニホンピロレガーロまで。

荒れると思う、そう思ってても獲れないのがローカルハンデ重賞。あな恐ろし。


東京11R  プリンシパルステークス
◎ヤマニンウイスカー
○アントニオバローズ
▲ストロングガルーダ
△オオトリオウジャ
△ヒカルマイステージ
△ベルベットロード
△サトノロマネ

3連複:◎-○▲△△△△

久しぶりのおまけでも。
[PR]

by marim905 | 2009-05-09 13:42 | 競馬
<< 日曜競馬 新潟のスペシャリスト? >>